独自のものづくりに感動

秋晴れの昨日、兵庫県立美術館でデザイナー皆川明 つづく展を観てきました。

会場は若い女性が多く、皆川氏のブランドの人気度がわかる気がしました。

独自のファッションのありかた、コンセプトを変革するという思いが

会場いっぱいに広がっていました。

つくることは、人とひとを繋げる壮大な世界を生み出すと感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

秋の夜長に想う