雨のリヨンで・・・

今年の梅雨は例年よりも長く、7月も終わりというのにまだ空けていません。

降る雨の量も尋常ではなく、大きな被害が各地で出ていることに胸が痛みます。

昨年6月、バルセロナからパリへ途中下車をしながら、列車で旅をしました。

明治時代に日本から絹を輸入していたという街、リヨンで3日滞在しました。

その3日間、ほとんど雨に降られました。

雨のリヨンと言えば、詩的に聞こえますが、美しい街を楽しむこともままならず心残りです。

おかげで美術館や博物館めぐりとなりました。印刷・グラフィックコミュニケーション博物館は興味深いところでした。

それにしてもフランス人は、どうして雨が降っても傘をささないのでしょうか?

食の街リヨンのレストラン街h

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

近くで再発見

次の記事

シエナは絵の具の色