旅先の絵は、自分へのご褒美

外国への旅は、五感に新しい刺激を与えてくれます。

見知らぬ街や人との出会い、初めて口にする食べもの。

普段の暮らしでは感じられない人々のエネルギーやバイタリティー。

言葉の壁や異なる習慣にはばまれ、思い通りにいかないもどかしさ・・・

絵を描くわたしは、いろんな混然一体となったものと楽しんでいます。

そして、最後に「一枚の絵」となって、自分へのご褒美を手にしています。

今は早くコロナが収束して、自由に旅ができる日の来ることを願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

近くで再発見